歩゛ろぐ、はじめました。

ダンサー兼インストラクター”歩”の他愛もない独り言です。

☆スタジオでの鏡の使い方☆

突然ですけど、皆さんは、レッスンスタジオの前面が(場合によっては側面など多面に)何故、鏡張りなのか説明できますか?

 

 

当たり前だろ、何言ってんだこいつは。なんて思われたかもしれませんよねwwwww

 

 

 

でも、たまーに、鏡を全然有効的に利用されてない方をお見受け致します。

 

 

私は、19歳で上京し、池ミュー(専門学校)に入った時に、今も師事している大尊敬している恩師、N先生に、一番最初のレッスンで鏡の使い方を教わりました。

 

 

 


「鏡は、自分とインストラクターを同時に全身くまなく見て、形の違いを確認する為のものです」

 

 

......

 

 

......

 

 


皆様の思い描いた答えと一緒だったでしょうか?

 

 

鏡は、自分に酔いしれる為だけにあるわけじゃないんです。

 

 

鏡越しで、自分とインストラクターとを比較して、形の違いを確認する為のものなんです。

 

 


インストラクターとして前に立たせて頂いておりますと、色々なものが見えて参ります。

 


鏡があるのに、あえて鏡の見えない場所を取る方。。。
鏡で、自分しか見ていない方。。。
鏡に平行に、ではなく、私の方に(鏡に対して斜めに)身体を向けて動かれる方。。。
私(インストラクター)の真後ろで、丸被りで動かれる方。。。
鏡越しではなく、私(インストラクター)を直視する方。。。
鏡見るの嫌いだからと下向いてる方。。。

 

 


私は、声を大にして言いたい。


"何の為に鏡があるんですか?"

 

 

大事な事なのでもう一度w

 

ナンノタメニカガミガアルンデスカ?

 

 

 

鏡越しで見る世界には、色々なものが見えてきます。

 


自分の姿、
インストラクターの形、
周りの方々との距離、
真似したくなる上手い方、
反面教師にしたい方(爆w)、、、

 

 

日本のスポーツクラブは恵まれています。
スタジオの前面に大きな鏡があるところばかり!


知ってますか?海外のスポーツクラブのスタジオには、鏡がない所もあるんですって。


実際に、レッスンさせて頂くところに鏡がない事も今まで何度もあります。
逆に、善意でご用意頂いた鏡が凸凹してて、うまくレッスン出来なかった過去のほろ苦い思い出もあります。

 


鏡がある環境に、感謝すべきなんですよ。当たり前の環境なんかじゃなくて、恵まれています。

だったら、鏡をうまく利用した方が、いいと思いませんか?

 

 


私の師事している先生は、私に厳しく教え込んで下さいました。それは、私がプロを目指したからです。

 

 

フィットネスクラブに通われていらっしゃる方は、プロを目指していらっしゃるわけではありません。
スタジオレッスンを受ける目的が違うのです。

 

 

 

だから、私は、フィットネスクラブのレッスン中には、こんな事は言いません。

 

 

みんなが楽しければ、それでいいよ!って言います。

 

 


だけど、みんなが鏡をうまく利用してくれたら、周りとの距離も見えるから、視野が広がったら動いててぶつかったりしませんよね?

 


みんなが平和に楽しく動ける、と思いませんか?

 

"みんなと一緒の空間"を楽しめる、と思いませんか?

 

 


レッスンは一期一会、
同じ時間、同じ空間で、全くメンバーも変わらず、同じ内容のレッスンを出来るのは、その日その一瞬しかないんです。

だったら、その一瞬を、最大限楽しんでみませんか?

 

 

鏡越しで目があったインストラクターやお客様と、アイコンタクトしたって良いじゃないですか?

 

 

鏡越しで、後ろの人が動きづらそう、見えづらそうなのを見つけたら、少し移動してあげたら、その方とのコミュニケーションが生まれて楽しい時間になったりしませんか?

 

 

鏡越しで、インストラクターや真似したい方と自分の姿を比較して、解決への糸口を見つけたら、嬉しくなりませんか?

 


自分だけが楽しければいい...周りの方々が動きづらくなっても、見えづらそうでも、自分だけ汗をかけたらいい、、、それでホントに楽しいかな?って思ってしまいます。

 

 

私は、鏡の使い方一つで、変わると思いますよ.....

 

 

 

 

ま、すべて独り言ですけどね♥︎
偉そうに語っちゃいましたけど、このブログ、全て独り言ですからwww

 

長〜い独り言にお付き合い下さり、ありがとうございます。

 

 

共感して下さる方だけに伝わればいい、って思ってます😊

 

 

 

最後に、

 

私に大切な事を教えて下さったN先生には、常々感謝しております。改めて、N先生についてきて良かったな、って...
先生に教わった事を私の大切な皆様にもお裾分けするのが、先生への恩返しだと思ってます。
これからも先生の背中追いかけて、頑張ります!

 

☆歩☆