歩゛ろぐ、はじめました。

ダンサー兼インストラクター”歩”の他愛もない独り言です。

☆クラスはみんなで作るもの☆

私が担当させて頂いているレッスンは全て、参加して頂いている大好きな皆さんで作って頂いています。

 

 

レッスンが滞りなく終わるように、
レッスン中に誰も怪我をしないように、
全員が気持ち良い汗をかけるように、
みんなが楽しくレッスン出来るように、
誰一人嫌な気持ちで終わらないように、

 

ご参加の皆さんが一丸となって、
協力して下さっているので、毎回楽しく平和にレッスンをさせて頂く事ができます。

 

いつもありがとうございます。

 

 

 


そりゃ、レッスンやってたら、色々なハプニングも起こります。


ハプニングも、すぐに笑顔に変えられるハプニングと、そうでないハプニングがありますよね。出来る事なら後者のハプニングは、あまり起こって欲しくないもの。

 

 

未熟者の私なので、後者のハプニングが起こった時、すぐに笑顔に変えられる対応が思い浮かばない事もあります。

 

でもね、そんな時に、毎回必ず、大好きなみんなが私を助けて下さるんです。

 

大切なイントラ仲間が、
尊敬する先生が、
親友が、
先輩が、
店舗のスタッフ様が、
事務局のスタッフ様が、
そして...
大切で大好きなお客様が、

 

私を支えて下さる。
助け船を出して下さる。
解決へのヒントを下さる。

 

私は、恵まれているなぁ、って思います。私の一番の宝物です。
いつも、本当にありがとうございます。

 

 

こうやって、私も、皆さんも経験値を積んで行ける。

 

レッスンて本当に素敵だなぁ、って思います。
日々勉強だもの。
日々成長していける。

 

 

 

 


そりゃ、どうしても我慢出来ない事もありますよね、人間だもの(みつをw)

 

 

 

でも、言うタイミングってあります。

 

 

例えば、どうしてもわからない動きがある。
それなら、レッスン中に質問する事で、同じ動きがわからなかった人も助かる。残りのレッスン時間、みんながハッピーに過ごせる。

 

例えば、レッスン中、寒すぎる暑すぎる事がある。
それなら、レッスン中、曲の切れ間の小休憩の時に言って貰えたら、すぐ対応が出来るし、残りのレッスン時間、みんながハッピーに過ごせる。

 

例えば、後ろに詰まって動けない事がある。
それならレッスン中、曲の切れ間に言って貰えたら(もしくは曲中に目で訴えてw)、前に来て!って言ってあげられる。残りのレッスン時間、みんながハッピーに過ごせる。

 

例えば、レッスン中にぶつかっちゃう事がある。
曲が終わった小休憩に、ごめんなさいってお互い謝れば、残りのレッスン時間、みんながハッピーに過ごせる。


でも、個人的に気にくわない事、レッスン中に言われたら、みんなはどう思う?みんなの空気が乱れちゃう。

 

 

要はね、言うタイミングよ。

みんながハッピーに過ごせるようなタイミング。

 

 

 


そして、言葉のチョイス。これは私の永遠の課題だわ。

みんながハッピーになれるような魔法の言葉を、たくさん見つけて行こうと思います。

 

 

 

 

これからも、レッスンを通して、みんながハッピーになれますように🌟

 

 

今日も読んで下さり、ありがとうございました😊
感謝を込めて。。。
☆歩☆