歩゛ろぐ、はじめました。

ダンサー兼インストラクター”歩”の他愛もない独り言です。

☆踊るスペースが少ない時は☆

大きく踊りたい!

 

でも、スタジオが混んでいてスペースが十分確保出来ない!

 

もっと大きく動きたいのに!んーっストレスっっ!!!
.....そんな時もあるよね!!!

 

 

 

 


そんな時は、大きく動くのを諦めるの?


それも勿体無いよね。

 

スペース的に、前後左右に大きく動く事は出来ない...(かと言って無理やり動いて人の邪魔するわけにもいかないからねぇw....)


そんな時には、上下に大きく動いてみてはいかがでしょうか???

 

 


上や下だったら、どこまで大きく動いても、誰の邪魔にもなりませんから。。。

 


上下に大きく動くには、重心のコントロールが必要。

 

 

いくら、"ダンスに正解はないから自由なスタイルで踊ってね"とはいっても、

 

高く飛んだら飛びっぱなしで、着地が音よりも遅れてしまったら、振付が変わっちゃうよね?

 


振付が変わらないのを前提に、スタイルをアレンジするならアリだけど、自分の身体をコントロール出来ないから、音に遅れて、もしくは音よりも早く動いてしまって、振付が変わっちゃうのは、それはちょっと違う。


その与えられたカウント通りに動くのが大前提。

 

どれだけ高く飛んでも、どれだけ低く這いつくばっても、そのカウント通りに動けるかどうか、が、最大のポイント。

 

 

 


やった事がない事なんだから、最初から完璧に出来るわけない。
そんなすぐに完璧に出来るなんて100年早い。(←私の先生の口癖w)
失敗したっていいの、稽古なんだから、、、
そこから徐々に修正してできるようになればいい。
そうする事で、ダンスに必要な筋肉が養われる。

 

 

 


もちろん、広くスタジオを使える時には、前後左右ものびのび動いたらいい。

 

でも、スタジオを大きく使えない時は、縦(上下)にスマートに動いてみて。

 

 

 

縦(上下)に、カウント通りに、どれだけ大きく動けるか、、、

踊る時に必要な筋肉を使って、
重心のコントロールをして、
自分の持ってるテクニック総動員してw、

 

そうすれば、スペースが少ないレッスンの時も、貴方にとって、有意義なレッスンができると思いますよ?

 

 


臨機応変に、ね❤️

 

 

 

 

 

 

 

 

余談ですが。

 

臨機応変って、何かにつけて言われるじゃない?
でもさ、ぶっちゃけそんな柔軟な考え方って、そんな咄嗟に出来るものではないと思うの、私は。

少なくとも、私は不器用な人間だから、そんな咄嗟に、やったこともない事を柔軟に対応なんて出来ない。

結局、全部、経験だと思うの。

経験してきたから、こんな時には、こう!って、言える。

誰だってそうだろうけど、私は、自分が習ってきた事や、自分が経験してきた事以外は人に教えてあげられない。

私はまだまだ、未経験の事の方が多い人生だけど、その中でも、知ってる事や通ってきた道なら、"私の場合はこうだよ!"って紹介する事は出来る。
時としてそれが正解ではないかもしれない。
でも、貴方が過去の私と同じ事で悩んだりモヤモヤしてる時の、選択肢の一つになるかもしれない。


臨機応変って、自分の過去の経験や、人から聞いた話や、自分が習ってきた事を総動員して試行錯誤繰り返して動く事なのかな、って、最近は思ってる。


私も、まだまだ色々な経験をしたい。臨機応変な考え方をもっと学びたい。
皆さんから色々な事を学んで行きたい。皆さんから色々な事、教わりたい。そして、貴方の(ダンス等の)悩みも共有させて下さいね。一緒に成長しましょう!

 

 

 

 

 

 


今日も読んで下さり、ありがとうございました😊
感謝を込めて。。。
☆歩☆

 

 


#歩ダンス
#ダンスブログ