歩゛ろぐ、はじめました。

ダンサー兼インストラクター”歩”の他愛もない独り言です。

☆宇宙一大好きなお父さんへ☆

お父さん、お疲れ様。よく、頑張ったね。

たくさんたくさん病気したね。辛かったね。

1度目の脳内出血から10年、半身不随になりながらも、お父さん自分の事全部自分で頑張って来たね。
透析も14年。偉かったね。

私が産まれた時、まさかこんなすぐに出てくると思わずに床屋さんに行ってたお父さん。

お仕事疲れて帰ってきても泣いてばかりで、泣き虫な娘でごめんね。

お父さんは、私と兄を、何一つ不自由なく育ててくれましたね。

小さな頃は、夏休みごとに毎年家族みんなを海外に連れて行ってくれました。

ハワイは2回、グァム、オーストラリアも2回、アメリカ。

毎回の海外旅行の度に、飛行機に酔う私。私の体調次第で、旅先でのスケジュールは変更ばかり。飛行機は、いっつもお父さんだけ知らない人との4名席。ごめんね。

お父さんには、たくさん教えて貰ったね。

自転車、ローラースケート、スケート、スキー、水泳、一輪車。

休みの度に、色々な所に連れて行ってくれましたね。お父さん、私が出来るようになるまで、とことん付き合ってくれたね。

一番覚えているのは、プールかな?

お父さんの背中の上に、亀の甲羅のように乗っけてくれたね。お父さんの背中が大きくて、温かった。

あと、絶対に忘れないのは、スキー。

お父さん、私を上級者向けコースのリフトに一人で乗せて、「下で待ってるから降りて来なさい」って。
そのリフト、頂上まで行っちゃって、コブだらけのコースで、みんなビュンビュン滑って行っちゃって、私が泣いても誰も助けてくれないの。私泣きながら、コブがある度に転んで、涙で前が見えなくなりながら、何十分かかったかわからないけど下まで行ったら、お父さんポツンと下で、ずーっと待っててくれたね。忘れないよ。

中学の時、学校で職場見学があるって言ったら、お父さんの会社も受け入れてくれたね。私は迷いなくお父さんの職場を選んだよ。働くお父さん、カッコ良かった。

お父さんは、私がやりたい事、一つも反対せずに全部応援してくれたね。

私が舞台やりたいって行った時も、東京行く時も、黙ってお金出してくれた。

舞台も観に来てくれたね。
東京にも会いに来てくれたね。

お父さん、倒れる前までは、怖かったけど、大好きだったよ。

お父さんの還暦旅行は出来なかったけど、お母さんの還暦旅行は、家族4人水入らずで出来たね。

お父さん、麻痺の右手で、ハサミ使って作品も作ったね。

お父さんは昔から、がんばり屋さんだったもんね。

出来ることは全部自分でしたもんね。

家族想いの、努力の人、だったね。

お父さん、私の覚悟が出来るように、最期、私が来るの待っててくれたんでしょ?

最期、私に父らしいとこ見せるために、目をあけてくれたんでしょ?

本当は私の顔、ちゃんと見えてたんでしょ?

分かってるから。ちゃんと、最期のお別れしてくれたこと、分かってるから。

お父さん、ありがとう。

私は、お父さんの子に産まれて来て、本当に良かった。

お父さんに出会えて、幸せだった。

今まで、育ててくれてありがとう。

ワガママな娘でごめんね。

自立してない、何時迄も心配ばかりかける娘でごめんね。

結婚しなくてごめんね。

お父さんとバージンロード歩きたかったんだけど、歩かせてあげられなくてごめんね。

でも、9月にお見舞いに行った時、私には嬉しい素ぶりなんて見せなかったのに、私が帰ってから看護師さんに「娘さん来て嬉しかった?娘さんが結婚したら嫌なんでしょ?」って聞かれて「ニコっ」ってしたって話を聴いて、私は今まで結婚してなくて本当に良かったって思ったよ。

結婚してたら、たくさん会いに行けなかったかもだもんね。

これから、お父さん以上の、素敵な人に、巡り会えるかな?

お父さん、ちゃんと見守っててね。

これからも、お父さんと二人三脚で歩んで行くんだから、歩がちゃんと歩けるように、ちゃんと見守っててね。

私が困ったら、私が寂しくなったら、夢に出て来てね。

約束だからね。

何時迄も、私の幸せ願っててね。

何時迄も、そばで見守ってね。

お父さんは、これからも私の自慢の父です。

お父さんの事、これからもずーっと大好きで、お父さんは私のヒーローです。

世界一、宇宙一大好きなお父さん、今までありがとう。

生まれ変わっても、また私のお父さんになってね。

貴方の娘、歩より。