歩゛ろぐ、はじめました。

ダンサー兼インストラクター”歩”の他愛もない独り言です。

☆自分の踊りを客観視する☆

先日、私のレッスンの後に、ダンス系のプログラムを受け持つ先生と、私と、ダンスが上手くなりたいと勉強熱心な女性お二人とお話しする機会がありました。

 

 

伺わせて頂いているその施設は、みんな勉強熱心で、みんなで終わった後に自主練してるみたいなんです。


フィットネスを越えてカルチャーな域❤️とても素敵です。

 

 

 

(´-`).。oO(昔、池ミュー在学中に、授業終わった後みんなで毎日あーでもないこーでもないと自主練したのを思い出すなぁ。。。)

 

 

 

 


でね、その日も、その子達がわからない動きを質問してくれてたんだけど、なかなか目標の動きに近づかないのよw

 


その子は、上半身の動きが苦手な子なので上半身と下半身が別物になってしまってるんだけどね、口で伝えても、見せて伝えても、自分でその違いに気付かない限り、直らないんですよね。

 

 

 

で、もう一人の先生が、「動画撮って自分の姿見てみれば?」というナイスな提案。

 


そうなの!!

 

 

一緒に踊ってるとさ、自分ってばなんて素敵に踊れているんだろうって錯覚に陥るんですよね!

 

自分が踊りながら自分の事見てるのと、客観的に自分の踊ってる姿見るのは、大違い。

 

幻だった事に気づくよ。
ゲンナリするw
そして、自分の課題に気づく。

 

 

 


ちなみに、私が初めて自分の動画を撮った時に思った感想は、「なんじゃこれは!!子供の水浴びかw」でしたよwwwww

 

 

 

 


ただね、動画を撮影するにあたって、注意点があります。

 


第三者を入れない事→プライバシーの問題ね。

撮影禁止の場所で撮らない→当たり前だよね。

隠し撮りしない→言語道断ww犯罪はダメwwwww

 

この3点、マナーをしっかり守って、

 

 

安全な場所で、
撮影許可が取れてる場所で、
自分しか映さず(許可を得た人しか映さず)

 


撮って見てみたら、次にどうやってステップアップすべきかがわかるよ!

 

 


主観的に見えない部分を客観的に見る。
指先まで綺麗にこだわってたつもりが変な形になってたり、
しなやかに動いたつもりがぎこちなかったり、
お股を閉じたつもりがバックリ開いてたり、
身長高く踊ったつもりがちんまりしてたり、
大きく動いたつもりが暴れ回ってただけだったり、
大人っぽく踊ったつもりが子供の水浴びだったり←これは私w

実は、全然出来てなかった事を冷静な目で見る事の大切さ。

 

 


動画を撮るのが難しかったら無理しなくていい。環境なかなかないよね。

でも、主観的に鏡で見る自分と、客観的に見る自分は、全然違く見える事は、頭の片隅に置いといてくださいね☝️

 

 

 

貴方のダンスの上達のお役に立てますように♪

 

 

 

余談ですけど、私のスマホの中には、自分で振付したJazzコンビネーションを、忘れないように撮った動画がたくさんw一週間前にどんな振付け作ったか覚えてないからさ、記録用(ネタ帳)wwwwwスマホの中身は誰にも見られたくないよwwwww

 

 

 

 

今日も読んで下さり、ありがとうございました😊
感謝を込めて。。。
☆歩☆

 

 


#歩ダンス
#ダンスブログ