歩゛ろぐ、はじめました。

ダンサー兼インストラクター”歩”の他愛もない独り言です。

☆身体が硬くて踊れない☆

「身体が硬くて踊れない」

 

 

はーい!


ぶっちゃけ、そんなの、ただの言い訳だと思います。


やりたくない理由を探してるだけwww

 

 


と、 毒を吐いてみます。。。

 

 


やりたくないなら、やらなきゃいいんですよ。誰も無理強いしてないし。

 

 


そうじゃなくて、本当はやりたいんだったら。。。な、お話ですから、あしからず。

 

 

 

本当に身体が柔らかくなりたいなら、闇雲なストレッチ、自己流の間違ったストレッチしても有効的じゃなくて、身体の使い方から変えなくちゃいけないと私は思いますけど、

 

 


二本足で歩けて、手足を曲げ伸ばし出来て、日常の生活が出来るなら、ある程度は踊れると思うのよね。。。

 

 

 

 

「ダンスは重心移動。
歩ける人はみんな踊れる。」

 

 


これは、私の恩師の言葉です。出たw受け売りシリーズwwwww

 

 


ダンスは貴方が考えるほど難しいものじゃない。

 


それより上のレベルを目指したいなら、話は別だよ。

 

 

今話してるのは、あくまでフィットネスのお話です。

 

 

初めの一歩、のお話ね。

 

 


180度以上開脚出来て、バトマンがスパーンと頭に当たるくらい上がって、ピルエット300回くらい回れてイナバウアー並みに反れる背筋があって中国雑技団なみの柔軟性 、、、なんて待ってたら、一生かかっても踊り始められませんしね。。。

 

 


それに、この際ズバッと言っちゃうけど、

 

 

 

それって、身体が硬くて踊れないんじゃなくて、アイソレーションが出来ないから硬く見えてるだけ。

 

 

身体がリズム通りに自在に動いてくれないのを、身体が硬いという表現に一括りにしちゃうの、ちょっと違くないですか?

 

 

そもそも、脳からこの部位の筋肉自由に動きなさいって指令を一度も出した事もない人が、急に自由自在に身体を操れるわけないじゃない?

 

 

硬くて踊れないんじゃなくて、身体の動かし方がわからないから動きがギクシャクしちゃって、人と違く見えるだけ。

 

 


教えて貰ってないのに自転車や竹馬に乗れないのと一緒です。

 

 

出来なきゃ教わればいいんですwその為のインストラクターでしょwwwww

 


インストラクターはただコリオの順番を言うだけじゃないんですよw
曲をかけるだけの人でもないwww

 

 


まずは、ダンスの世界に飛び込んでみて、楽しくなって、、、

 

 

もっと上を目指したくなったら、そりゃしなやかな筋肉が必要ですよね♪

 

 

もとい、しなやかに自在に動く筋肉が必要、が正しい。

 


本当に、身体を柔らかくしたいなら、ストレッチ方法見直したり、筋肉や骨格など身体の構造を理解するのがいいと思います。

 

 

ある程度柔らかくて、それ以上柔らかくしたいなら、、、その方法は私が知りたいので、教えてくださいwww

 

 

 

読んで下さりありがとうございます♪

☆歩☆