歩゛ろぐ、はじめました。

ダンサー兼インストラクター”歩”の他愛もない独り言です。

☆音は自分に合わせてくれない☆

ダンスを踊る時、色々なテンポの曲を使いますよね。

 

 

アップテンポ、ミドル、スロー.....

 

 

アップテンポはその速さについていくのが大変。

 

かと言って、スローテンポは曲より早く動かないようにするのが大変。

 

 


コンテンポラリーでもないかぎり、ダンスは音在りきだと思うんです。

 

 

 

昔から、私の師匠が口を酸っぱく言っておりました。


「音は待ってはくれないし、
音は自分の身体の都合で早くなったり遅くなったりしてくれない。
自分が音に合わせるの!」

 

 


本当に、その通りだと思います。

 

 

足さばきが速すぎて、音に間に合わない時は、かかとをつかずに足をさばく。

 

ゆっくりな音で足を上げる時は、腹筋を意識してなだらかに下ろす。

 

 

 

 

自分が音にズレちゃうのは、自分の耳で音を聞いてない証拠。

 

音に合わせられないのは、自分の身体を操縦できる様な鍛練が出来てない証拠。

 

 


もっと、地に足をつけて、
もっと、自分の耳で音をきいて、

 

もっと、腹に力入れて、
もっと、色々なテンポの曲きいて。

 

 


ふわふわしながら、自分の耳塞いで踊ってたら、どんどん曲より先に行っちゃうよ。

 

 

振付は、覚えたらそれでおしまいじゃない。

 

振付は、なぞればいいだけじゃない。

 

音に合わせないと、ダンスにならないんだ。

 

だから、もっと、自分の耳で、音を聞いたらいいと思う。

 

 

 

この情報が必要な貴方へ、届きますように🌟

今日も読んで下さり、ありがとうございました😊
感謝を込めて。。。
☆歩☆